ブックオフの仕組みもいろいろありますが、今日は基本中の基本「ところてん」について書こうと思います。



まずはブックオフが本を買い取ります。

☆A・・・超綺麗で定価が高いもの(ほとんどない)
☆BまたはP・・・綺麗な本(プロパー)
☆C・・・あんまり綺麗じゃない本(108円)
☆D・・・廃棄本


こんな感じで買いとります。



で、初めBで出してた本も売れなければCに値段を変えたりします。



これがいわゆる「ところてん」ってやつですね。



ブックオフは他の中古書店よりも集客力があるので、買い取って、値下げして売れなかったら捨てる、このサイクルが早いんですよね。



なので我々せどらーの仕入場所として成り立ってるわけなんです。



ちょっと前まではせどらーの売り上げがブックオフの7割を占めてたらしいですから
どんだけオオイネ~ン!とツッコみたくなる(笑)



じゃあ今日も探しに行きましょうかね。
新鮮なところてんでも・・・


ではまた明日!