ブックオフせどりで人生を変えた元八百屋のブログ

兼業で始めたブックオフせどり。
2年たった今では月に200万売ってます。
やり方次第でたった一人でも大きく稼げる方法を発信しています。



ドラッグストアカテゴリー
【メリットVSデメリット】
『ちゅる式電脳せどり』



※この無料レポートをDLされますとメルマガ発行者のちゅるにより、 メルマガ名「ちゅる@せどり」に代理登録されます。

2014年11月

どうなんですかね~!今ひそかに流行ってる「ついでせどり」みたいなやつ。



僕は基本的に1日5分3クリックで簡単に稼げるよ!とかは嘘だと思ってるんですが、ことせどりに関してはあながち嘘じゃないんじゃないのかな??と思います。



というのも僕せどりをするまでは全くモノの本当の価値というのを知らなかったんですよね。




たった一日で大量の商品がAmazonから売れていくことをまじかに見ていると、ついでせどりのように特定の商品を買い物ついでにピンポイントで仕入れることができればしっかり稼ぐこともできるんじゃないかな~と思います。



ちょっとその辺もせどらー仲間に教えてもらってパワーアップしたいと思います☆

今日は僕がせどらーになって良かったことを書きたいと思います。




僕が飲食店で働いてた頃は1日16時間、休みは月に3日で働いていましたので、今考えるとモロにブラックやん!と思います。



しかしブラック企業というのはうまいことで来ていて、自分がつらい仕事をしていることがわかりにくくなるように作られています。



具体的にどういう事かと言うと、今の状況を冷静に考える時間をなくしたり、半年に一回ボーナス(寸志)が出たり、年に一回社員旅行に行けたり、プレゼンを上手にすれば、さも自分がビジネスを動かしているような感覚を持てることなどです。



もちろんそれが自分の夢につながった!という人もいっぱいいると思いますが、そうでない人は数えきれないぐらいいると思います。



専業せどらーとなった今では、会社の方針や、時間に縛られず、やりたい事を好きなだけできるようになりました。



ただ、自由にかじ取りができるようになったという事は、責任ももれなくついてきますので会社員の頃以上に考えて行動することも増えたりします。確定申告とか(笑)




それでも自分で方向を決められるという事は素晴らしいなって僕は思います。




もしあなたの仕事が将来性もなくやりがいもないのであれば、副業でも良いので再現性の高いせどりにチャレンジしてみるのも良いと思いますよ~☆

昨日のメルマガでは利益率の話をしましたが、続きです。



あなたが月に50万稼ぎたいと目標を立てた時に、どのぐらいの利益率で、いくらぐらい仕入が必要なのかわかってた方が、なんとなく仕入をするより断然目標達成しやすくなります。



結構ざっくりなんですが僕の基準は【倍の値段で一か月以内に売れるモノ】を基準に仕入れています。



例として・・・


1000円で仕入れたものを2000円で販売

手数料25%と考えると1500円入金

利益は500円

利益率=(入金-仕入れ)÷入金なんで

利益率は33%

1000円が1500円になる



つまり【倍の値段で一か月以内に売れるモノ】を仕入れれば、利益率はだいたい33%になり、仕入金額が1.5倍になって返ってくるという事になります。



じゃあ【3倍の値段で一か月以内に売れるモノ】を仕入れた場合はどうなるんでしょう?


1000円で仕入れたものを3000円で販売

手数料25%と考えると2250円入金

利益は1250円

利益率=(入金-仕入れ)÷入金なんで

利益率は55%

1000円が2250円になる



【3倍の値段で一か月以内に売れるモノ】を仕入すれば、利益率は55%、仕入金額が2.25倍になって返ってくることになります。





これを元に、利益率33%で50万円稼ごうと思ったら・・・

50(利益)÷0.5(増える分)=100(仕入れ)



100万円の仕入で50万円稼げるってことがわかりますね。



じゃあ利益率55%なら・・・仕入は・・・

50(利益)÷1.25(増える分)=40(仕入れ)



40万の仕入で50万円稼げるってことになります。



僕は三倍で売れるモノを40万円仕入れるより、二倍で売れるモノを100万円仕入れる方が再現性が高いと思ったので前者の基準で仕入をしています。



あなたならどういう風に50万円を稼ぎますか??

ビジネスをする上で重要な事は色々ありますが、今日は利益率について書きたいと思います。



せどりを長年してる方でもけっこう間違った認識で計算してる方って多いんですよね。



ググったらすぐわかるんですが・・・儲かってるから良いか~ってなっちゃいがちです。



でもそういう方に限って資金が回らない。。。とか儲かってるはずなんだけどお金が残らない。。。とか言い出だすんですよね。



そういう方は一度しっかり考えてみた方が良いと思います。



せどりにおいて利益率の計算はこんな風になります。


利益率=

(手数料を除いた入金金額 - 仕入れ価格) ÷ 手数料を除いた入金金額



僕のペイメントで
【火の鳥 全13巻セット (角川文庫)】という商品が
今日入金されていたので例にしてみます。



手数料を除いた入金金額=3293円

仕入れ価格=2106円



じゃあこれを式に当てはめてみます。

(3293-2106)÷3293=0.36・・・


利益率は36%って事で、まずまずです。



一番多い間違いは(手数料を除いた入金金額)のところを(販売金額)にしてしまうパターンですが、その場合困ったことになっちゃいます。



利益率=

(販売金額 - 仕入れ価格) ÷ 販売金額



この商品の販売金額は4152円なんで当てはめてみると・・・

(4152-2106)÷4152=0.49・・・驚愕の49%!!



そりゃあ儲かってるように見えちゃいますよね。



36%と49%の違いけっこうでかいです。ワンデイ使ったら一緒やん。とか思うのはせどらーだけです(笑)



利益率の計算の時は販売額じゃなく入金額と覚えておいてくださいね☆

せどりって地域性があるってご存知ですか?







僕が得意とするブックオフせどりももちろんあります。







具体的に言うと



●お年寄りが多い地域・・・宗教や歴史の本が良く入荷する

●大学が多い地域・・・赤本をはじめ参考書が多く入荷する

●お金持ちが多い地域・・・高額なビジネス書や医学書、数学書が多く入荷する

●子供が多い地域・・・絵本や育児書が多く入荷する







等です。







この辺も意識して仕入していくことで、ビームが禁止になりつつあるブックオフでも良い商品が見つけやすくなると思いますのでおススメです。

↑このページのトップヘ