ブックオフせどりで人生を変えた元八百屋のブログ

兼業で始めたブックオフせどり。
2年たった今では月に200万売ってます。
やり方次第でたった一人でも大きく稼げる方法を発信しています。



ドラッグストアカテゴリー
【メリットVSデメリット】
『ちゅる式電脳せどり』



※この無料レポートをDLされますとメルマガ発行者のちゅるにより、 メルマガ名「ちゅる@せどり」に代理登録されます。

2014年11月

ども!ちゅるです!



昨日のメールで、今まで誰もしたことのないせどり手法の事を
少しお話しました。



この、「誰もしたことがない」ってとこがめっちゃ重要なんです。



一か月間に何個も10000円で売れるような商品を

あなただけが300円で仕入れる事ができたらどうしますか?



笑っちゃいませんか~?





「誰もしたことがない」ってそういう事です。




今や参入者が非常に多いせどり業界では、どんどん新しい

ノウハウが出てきますが、



え?これってもう稼げないやつやん。ってけっこうありますよね。




正直そんな子供だましと一線を画すものです!

とだけ言っておきますね~!



ではまた明日。

ども!ちゅるです!


僕は古本せどり一筋で稼いでいるんですが、師匠がいます。



その方は、古本せどりからのスタートながら、率先して新しいせどり手法を開拓し、世の中に広め続けておられるお方です。



この方の凄いところは、スタッフに任せきりではなく、自ら実践しているので、すべてのせどりに精通しきっているというところなんですよね。



なのでどういう手法が今通用するのか。



本当に稼げるジャンルは何なのか。



めちゃくちゃ詳しいんです。



そして今、実践に実践を重ねた新しいジャンル、新しいノウハウを公開しようとしてるんです!



はっきりいって怖いです。これ



利益率が・・・!



しかもライバルがほとんどいない・・・!




もうしばらくお待ちくださいね(^o^)

ブックオフの仕組みもいろいろありますが、今日は基本中の基本「ところてん」について書こうと思います。



まずはブックオフが本を買い取ります。

☆A・・・超綺麗で定価が高いもの(ほとんどない)
☆BまたはP・・・綺麗な本(プロパー)
☆C・・・あんまり綺麗じゃない本(108円)
☆D・・・廃棄本


こんな感じで買いとります。



で、初めBで出してた本も売れなければCに値段を変えたりします。



これがいわゆる「ところてん」ってやつですね。



ブックオフは他の中古書店よりも集客力があるので、買い取って、値下げして売れなかったら捨てる、このサイクルが早いんですよね。



なので我々せどらーの仕入場所として成り立ってるわけなんです。



ちょっと前まではせどらーの売り上げがブックオフの7割を占めてたらしいですから
どんだけオオイネ~ン!とツッコみたくなる(笑)



じゃあ今日も探しに行きましょうかね。
新鮮なところてんでも・・・


ではまた明日!

僕は普段ブックオフで本屋マンガを仕入まくってるので、だんだんコイツラが式になってきちゃいました。


マンガはとくに読みやすいので、出品ほったらかして読んでしまうことが多々あります・・・・反省


今ハマってるのがこれ

_SL160_



いやいや魏火龍強すぎっしょ! 15000円で買って20000円で売る予定です。 はい。全然利益出ません(笑) いいんです。ここは趣味の範囲ということで! まじめな本も読んでます。 今読んでるのはこれ

_SL160_





なんかやたらと高値で売れるので相当良い事書いてあんのかな~と。 まだ読み始めてとこなんでわかんないですが。 読みたい本が読めて稼げるって最高やん! と最近思います。 ではまた明日(^o^)

あなたは一日の仕入で何店舗ぐらい回りますか?



僕は一日4店舗ぐらい回ります。



僕が思うには一日で店舗回るかで、稼ぎが決まってきます。



少し前にがんばって8店舗回ったんですが、後で計算すると見込み利益で20万ほど
でした。



でもですね。毎日毎日同じとこばかり回ってても稼げるはずないんですよね。



なのでちょっくら行ってきます。



行先はうどんの国と桃の国です。



ではまた明日!

↑このページのトップヘ